彼女

コミュ障でもデートで上手に会話する方法

コミュ障だから話すのが苦手。デートで会話が続くか心配。上手に会話する方法がわからない。デートを成功させたいけどどうすればいいんだろう。

先に答えを言うと、上手に会話するコツは『聞き上手になる』ことです。

聞き上手になると自分から話さなくても会話を続けることができるようになります。今もコミュ障な僕ですが、彼女とコミュニケーションで困ったことはありません。

記事内容
・コミュ障でも会話を続ける『聞き上手』になる方法
・コミュ障がデートを成功させる方法

この会話のコツに気づいてから僕はコミュ障だと言われなくなりました。コミュ障で会話するのが苦手という人はぜひ参考にしてみてください。

コミュ障でもデートで上手に会話する方法

コミュ障でも上手に会話するコツは『聞き上手になる』ことです。

ポイントは以下の3つです。

  1. 自分が話すのではなく相手の話を引き出す
  2. 相手の話には共感から
  3. 相手が楽しめる会話をする

僕が女性と上手に会話できるようになったのもこのコツに気づいてからです。

具体的に解説していきます。

自分が話すのではなく相手の話を引き出す

自分から無理して話題を考えるのではなく女の子が話したくなるように会話してみましょう。

上手に会話しようと思うと自分から無理に話しかけてしまいがちですが、重要なのは女の子が「もっと話したい・話すのが楽しい・自然に話ちゃう」と思わせることです。

例えばホストを思い浮かべるとわかりやすいですよ。自分がたくさん話すよりあいづちや質問、感想を交えて女の子にお喋りさせているイメージがありませんか?

女の子は基本的にお喋りなので話を引き出してあげるだけで会話を続けることができます。

「そんなんで本当に会話が続くの?」って思いますよね。確かに会話に区切りはやってくるけどそしたら無理に話す必要はありません。

無言は気まずいですが、その時間に女の子は「もっと話したい」と感じるんです。

デートで無言の時間が来たら落ち着いて周りに目を向けてみましょう。女の子の服装、メイク、アクセサリー、それから周りのお店や目に移ってものなど。

「その服かわくて似合ってるね!そういう雰囲気の服が好きなの?」
「そのイヤリング可愛いね!他にもいろいろもってそう!」
「タピオカとか好き?」

そこで気づいたことを話しかけてあげることでまた女の子がお喋りを始めて会話が始まる。そうやって会話していけばいいんです。

相手の話には共感から

女の子の話には基本的に共感することが大切です。

共感することで相手の話をより引き出すことができます。

例えば女の子が「仕事が大変なんだよね」「バイトが大変だったんだよ」「勉強で課題がたくさん出たんだ」とグチを言ってきたとします。

ここでは相談を解決するためにアドバイスをしたくなりますが、まず最初にするべきは共感です。

「そっか大変だったよね。ちゃんと頑張ったんだ!」と共感してあげること。その上で女の子がアドバイスを求めたらアドバイスをしましょう。

その他にも好きなものや趣味などはまず共感する。そこでもし自分の意見があるなら共感した後に付け加えてあげましょう。

上手に共感して女の子の話を引き出してあげましょう。

相手が楽しめる会話をする

相手主体の会話をすると相手の話を引き出すことができます。

よくやってしまう失敗が自分の好きなことや知識をぺらぺらと話してしまうことです。

基本的に会話は話している側が楽しくなるものです。女の子も興味がありもっと聞きたいと思ってくれてるならお互い盛り上がって会話するというのもよいのですが、女の子が話を聞いてくれている状況を長くしてしまうと相手は退屈してしまいます。

「女の子の話を聞いているだけだと自分が退屈だ」という人もいるでしょう。

そういう時は自分の話をしたら相手の話もしっかり聞いて共感してあげましょう。

会話はキャッチボールとよく言いますが、ボールを取るだけではなく「ナイスボール!」褒めてあげたり、「ドンマイ!」とフォローしてあげたり、時にはボールを取るだけに集中してあげるのもおすすめです。

コミュ障がデートを成功させるコツ

会話はデートを成功させるために大切なので上のポイントを意識するだけで変わってきます。

ここでデートを120%成功させるテクニックを3つ紹介します。

  1. デートにOKしてくれてる時点で好意がある
  2. 女の子の反応に注目する
  3. 体の距離感で好感度がわかる

3つを簡単に解説していきます。

デートにOKしてくれてる時点で好意がある

デートにOKしてくれる時点であなたに好感を持っているのは確かです。

せっかくの休日に嫌いな人、興味のない人、どうでもいい人とデートに行ったりはしません。

デートに誘われた女の子の気持ちを考えてみてください。どう感じるかというと、「この人は自分に好感を持っているんだ、この人はどんな人なんだろう、いい人なのかな?」と無意識に相手に興味を持つのです。

また自分が女の子にデートに誘われたらどうでしょう。嫌いな人でない限り嬉しく感じませんか?女性も同じで誘われたとき嬉しく感じるんです。

なのでこの段階ではすでに頑張って好感を上げる必要はなく、ここで大切なのは相手に嫌われないようにすることです。

初めてのデートでは無理に好感を上げようとせず、相手に嫌われないように気を付けるだけで成功しますよ。

女の子の反応に注目する

会話でも同じことが言えますが、女の子の反応に注目しましょう。

女の子がどんなことを話しているとき楽しんでいるか、歩きすぎて疲れていないか、何に楽しんでいるかなど相手の反応に注目するとよりいいデートにすることができます。

女の子の反応に注目することでどれだけ自分の好感があるかわかり、告白すれば成功するのか、まだなのかを見極めることもできます。

相手の反応に注目することでより楽しいデートができるようになります。

体の距離感で好感度がわかる

女性と並んで歩くときは距離感を気にするといいです。

例えばまだ付き合っていない初めてのデートでは序盤は手を伸ばせば届く距離、並んで歩いている移動中はたまに肩が触れる距離。そのとき、距離を取られるなら心の距離もまだ広いので慎重にアプローチしていきます。避けられないのなら心の距離も近いので少し大胆なアプローチでもいいかもしれません。

僕は付き合う前の初デート終盤、水族館から駅に向かって帰っているとき信号待ちで手を繋いでみました。その理由はデートの1日を通して彼女の『距離感』から好感が高まっていることがわかったためです。思った通り嫌がることはなく手を握り返してくれました。その週数後に告白して付き合うことになりました。

このように身体的な距離感を上手に使って、相手の好感をアップさせたり、好感を確かめたりするといいですよ。

【まとめ】コミュ障でもデートで上手に会話する方法

コミュ障でも上手に会話する3つのコツを説明しました。

  1. 自分が話すのではなく相手の話を引き出す
  2. 相手の話には共感から
  3. 相手が楽しめる会話をする

無理に会話するのではなく上記を気を付けると女の子と上手に会話できるようになりますよ。

そして忘れちゃいけないのは実践することで会話は上達します。

初めてのデートではぜひこのコツを意識して会話してみてくださいね!

https://eguti-neko-deai.com/komyusyou/