彼女

ネットで出会いを探してリアルデートに誘う方法

ネットを使って若い女の子と会う方法を探していませんか?

若い女の子と実際に会うには「とにかく仲良くなれ!」です。

これ結構できてない人が多くて、会えない人ってすぐLINEを聞いたり、すぐ会おうとしたりしてしまうんです。

具体的には「探す→お喋り+通話→会う」という流れでゆっくり仲良くなっていくことでネットで知り合った女の子とリアルで会えるようになります。

ネットで6年間出会いを探してきた僕はこの方法で18歳の彼女と会うことができました!

今回は「ネットで出会いを探す方法」「リアルで会える仲良くなる方法」「実際に会ってデートしたときの流れ」18歳の女の子に会った実体験から説明します。

【出会いを探す】ネットで出会いを探すならチャット機能を使え

結論を言うと、ネットではチャット機能(メッセージのやり取りができる機能)があればすべて出会いに繋げることができます。

チャット機能があればLINEを聞くことも、デートの約束をすることもできるからです。

僕はチャット機能があるスマホのアプリで18歳の彼女と出会いました。

※僕が使ってたそのアプリは出会いを探すためのものではなく動画や音声を投稿できるアプリでした。

TwitterなどのSNS、オンラインゲーム、動画や音声を投稿できるスマホのアプリから、出会い系、マッチングアプリまで、これらに共通するのはチャット機能です。

チャットだけで女の子と仲良くなるコツがわかってくると、例えばオンラインゲームの場合、ゲームをしながら女の子を見つける→ゲーム内でチャットやコミュニティなどに参加してお喋りをして仲良くなる→TwitterやLINEに移動→住んでる場所が近くなら会える。

しかしデメリットもあって、チャットだけで女の子と仲良くなるのはテクニックが必要です。女の子と知り合うまでに手間と時間がかかるし、住んでる地域も話してみないとわからないからせっかく仲良くなっても会えないこともあります。

そこで出会い系やマッチングアプリの出番です。

出会い系やマッチングアプリは会うことが目的のサービスなので会うのが簡単

上で説明した通りネットで会おうとするとチャット機能が必要になってきますが、手間や時間がかかり、結局会えないなんてこともあります。

そこで出会い系やマッチングアプリを使うことでこれらの障害を取り除くことができます。また以下のようなメリットも魅力です。

女の子と知り合うまでに余計なことをする必要がない

自分と近い地域から探せるので無駄がない

話す前からプロフィールで顔がわかる

お互いが会うことを目的としたサービスなのでスムーズに会える

ただ出会い系には必ず業者がいるというデメリットがあります。また慣れるまではポイントを結構消費するため3000円ほどはかかってしまうでしょう。使ってみると一見若いこが多く見えますがほとんどが業者なので体感的には25歳以上の女性が多いです。

またマッチングアプリは若者は多いというメリットがありますが、会えるかどうかは外見が重要になってきます。マッチングアプリの性質上、顔で相手を判断してからプロフィールを見たり、やり取りをするかどうかを判断することになります。イケメンならマッチングアプリでモテモテになることもできるでしょう。

<div class=”concept-box1″><p>

ネットではチャット機能のある所に出会いが生まれる。

出会い系やマッチングアプリは出会いをスムーズにするツール。

1つの方法に縛られずいろんな方法で探すと効率が良いしいずれ見つかる!

</p></div>

【仲良くなってデートに誘う】仲良くなったらLINEで通話する

ネットで女の子と会いたいなら当然ですがまず仲良くなりましょう。一番いいのは恋人になってしまうことです。友達や恋人になればリアルで会うことの違和感や警戒心がなくなり自然と遊びや食事に行けるようになります。

しかしチャットだけでは限界があります。ここで次のスッテプとなるのがLINEです。チャットで仲良くなったらLINEかカカオを聞いて二人きりで通話できる場所に移動しましょう。

通話をすることで疑似的に会っている感覚になり気づかないうちにリアルで会ったかのような感覚になっていきます。一か月間くらいLINEでお喋りしたり通話すると会った時も初対面という感覚がなくなるほど会うことに抵抗感がなくなっていきます。

LINEでお喋りをしながら、何度か通話して仲良くなったら興味があるものを見つけて遊びや食事に誘うことで会う約束をします。会いたいから食事に行くのではなく、食事に行くから会うというイメージで誘うことです。会うことへの違和感を減らしてあげるのがポイントです。

食事やお酒が好き→○○というお店が美味しいから、気になるから、1人だといきずらいから食事に誘う。

動物が好き→動物園や水族館、猫カフェなどに誘う。

歌が好き→カラオケ、ライブに誘う。

18歳の彼女とは3、4回くらい通話をして告白して恋人になってから実際に会う約束(デートの約束)をしました。知り合ったのはスマホのアプリでしたが恋人になるとデートするという理由でなんの障害もなく会うことができます。

仲良くなってから会う約束をしましょう。

【実際に会ってホテルへ】最初のデートからホテルもあり!

食事やカラオケなどデートを純粋に楽しむだけでもいいんですが、せっかく会えたならやっぱりホテルに行きたいですよね?

なので初対面でもホテルに行ける流れを紹介します。

上手なホテルの誘い方①恋人になって自然にスキンシップを取る

恋人になってしまえば初対面でホテルに行くこともできます。なぜなら会った時から恋人として接することができるので、簡単にスキンシップを取ることができるからです。

初めて会って手も繋いだこともない、キスしたこともないのにホテルに行くのは、レベル1でラスボスを倒しに行くようなものです。装備やレベル上げをして段階を踏んでから挑戦しますよね。

最初にも説明しましたが「ゆっくり仲良くなっていく」のが大切です。ホテル行くには「ゆっくりスキンシップのレベルを上げていく」ことが重要です。

恋人になっているとスキンシップに対してハードルが低いため、”手をつなぐ→くっついて座る→ハグする→キスする→ホテル”という流れが簡単に実現します。僕が18歳の彼女と会ったとき、最初のデートはカラオケからのホテルでした。

18歳の彼女と初めて会った時は、待ち合わせ場所で会ったら手を繋いで、カラオケについたらくっついて座って、頭なでなで→ハグ→キスの流れでだんだんとスキンシップを強めていきます。

「カラオケの後は横になって休憩できる場所に行く?」と自然にホテルへ行くことができました。このように恋人同士なら自然とホテルに誘いやすくなります。

上手なホテルの誘い方②通話でえっちな雰囲気を作っておく

恋人同士でなくても「告白したらOKもらえそう」なくらい親密になっていれば、通話でえっちな会話をしていちゃいちゃしておくというのも効果的です。

繰り返しになりますがスキンシップも段階を踏むことが重要です。通話でえっちな話をしておくことで手を繋いでハグするのと同じくらいの効果があります。

実際には恋人になった後、夜通話して一緒にオナニーしたりしていました。親密になった女の子と通話でオナニーしてから会う時は初対面でホテルに行けなかったことはないです笑

段階を踏んでスキンシップをすることでホテルに自然と行きやすく断られにくくなります。

【まとめ】チャットを使って女の子を探す→LINEの通話を使って仲良くなる→段階的なスキンシップでホテルへ!

ネットではチャット機能を使って女の子を探しましょう。

TwitterなどのSNS、オンラインゲーム、動画や音声を投稿できるスマホのアプリなどのチャット機能を使う。

出会い系やマッチングアプリは出会いをスムーズに加速させるツールとして使いましょう。

女の子と知り合ったらすぐ会おうとするのではなく全力で仲良くなってください!

仲良くなって会うまでのステップはチャットで話して仲良くなり→通話をして仲良くなり→デートの約束して会うという3つのステップです!

これによってネットでどこでも出会いを探せるようになります。ネットには若い女の子がたくさんいるので18歳の彼女も作れるというわけです。

まずはマッチングアプリでも出会い系でもオンラインゲームでもいいので、女の子としっかり仲良くなってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA